利用者にとってメリットが多い電力自由化

電力自由化とは、簡単に言えば、電気を買う会社を選べる制度のことです。

これまでは、一般家庭で電力会社を選ぶことはできませんでした。住む地域によって契約する電力会社が決まってしまっていたからです。

 

契約したい電力会社を基準に住む場所を選ぶ、というのは現実的ではありませんので、実質選べなかったのと同じです。選べなければ電力会社は独占企業と同じで、一方的な値上げも利用者は受け入れるしかありません。電気は生活に不可欠なエネルギーですから、高いから契約を解除する、とはいきません。

 

実際は、電気代を値上げするには相応の理由が必要であり、政府の許可も必要なのですが、電力会社が競争の激しい業種に比べると苦労なく利益を確保してきたことは否定できません。消費者が電力会社を自由に選べるようになれば、電力会社間の競争が激しくなり、値下げされる可能性が充分にあります。消費者にとってはメリットの大きい制度改革です。

 

新規参入の電力会社に対し、電力の安定供給などの不安がある人もいるかもしれませんが、電気そのものはこれまでの送電網を使いますので、不安定になることはありません。
電気代を安くしたいなら、単純に電気代が安い電力会社を選べば良いわけですが、そう単純にはいかないのが悩みどころです。

 

1つの電力会社がいくつものプランを提供しており、比較するのは簡単ではありません。他のサービスとセットで利用することで割引が受けられる電力プランもあり、ご家庭のインターネット回線、家族の携帯電話キャリアなどによって割引率が異なります。

 

電気の使用量、家族の人数、よく使用する時間帯、曜日など、さまざまな要素からお得な電気料金を比較することになりますので、非常に複雑です。まずはインターネット上で無料で提供されているシミュレーションソフトを使って、お得なプランを絞り込んでみてはいかがでしょうか。