電力自由化により現在よりもどのくらい電気代は安くなるのか

2016年4月より電力の自由化が行われるようになりましたが、実際にどういったメリットがあるのか、そして、そもそも電力の自由化とはどのようなことなのかをしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか。

 

そもそも電力自由化とは、今まで契約をしていた電力会社との契約のみだけではなく、新たに参入する電力会社からも電気代の契約を行えるようになる制度です。

 

今まで一社のみでの契約しか行うことができませんでしたが、新たな会社が参入することでとくに料金面での競争が膨らみ、私達にとっては選ぶことができるという大きなメリットを受けることができるでしょう。

 

この新たに参入している電力会社は、地域により異なりますが、全ての地域でサービスを展開しており、関東圏においては新たな電力会社を含めた全プランが200以上あります。

 

この多くのプランの中から、自分の家庭にあった最適なプランを探すことにより、確実に今までよりもリーズナブルな契約を行うことが可能になるでしょう。

 

適切な電力会社のプランを選ぶことができれば、一般的には今までの電気代よりも5パーセント以上の値下げは期待できます。電気を使用する時間帯や、サービスの内容をしっかり加味すれば10パーセント以上も電気代が安くなったという例もあるほどです。

 

重要なことは、さまざまな角度から時間をかけて検証を行うことです。
携帯電話会社が電気会社を新たに立ち上げていることもありますので、今使用している携帯電話がその会社と一致するなどの利点があれば、こうした10パーセント以上の値下げも十分可能になるでしょう。