イーサリアムとビットコインの違いとその将来性

仮想通貨の代表的な通貨がビットコインということになります。ビットコインは仮想通貨全体の時価総額の80%近くを持っています。ビットコインは時価総額だけでなく知名度も高く、一般的にはビットコインの他の仮想通貨についてはほとんど知られていないのが実情です。

 

そして、ビットコインに次いで時価総額の大きい仮想通貨がイーサリアムです。2015年にリリースされたイーサリアムは急速に時価総額と知名度を増してきている仮想通貨です。イーサリアムは仮想通貨の通貨単位ではなく、仮想通貨のプラットフォームの名称で、ビットコインを発展させて開発されたこれからの仮想通貨の中心になるかもしれない技術を集めた仮想通貨です。すでに時価総額が2位にまで上り詰めているということが考慮すれば次世代の仮想通貨技術の中心となるのはイーサリアムと考えていいのかもしれません。

 

ビットコインとイーサリアムの違いを簡単にいえば、イーサリアムはビットコインよりもたくさんの場面で使用や利用することを可能にしたということになるでしょう。ビットコインはビットコインでしか取引などはできないものが、イーサリアムでは多種類の通貨との取引ができるようになったのです。

 

今はビットコインが仮想通貨で絶対的な地位を得ていますが、次世代の仮想通貨のビットコインの地位につくのはイーサリアムであるかもしれないということです。そこはこれからの仮想通貨の状況を見ていかなければなんとも言えませんが。