定番の三井住友VISAカードについて

クレジットカードの選び方には色々なものがありますが、やはりブランド力があるものを一枚持っておくと何かと便利な場面が多いのでおすすめとなっています。

ブランド力という点でおすすめできるのが何と言っても三井住友VISAカードでしょう。プロパーカードという点からポイント還元などが低いなどとも言われていましたが、最近では使いやすくなっているので、やはり一枚持っておくと色々と便利になっています。

 

さて三井住友VISAカードにも種類があるのですが、やはり最初に持つのならばスタンダードな三井住友VISAクラシックカードがおすすめでしょう。初年度の年会費は無料となっており、条件次第では二年目も無料となるので嬉しいですね。

 

補償としては最高2,000万円の海外旅行傷害保険や年間最高100万円のショッピング保険が付いているので、国内外問わずに使いやすいのもメリットでしょう。ポイント還元に関してですが会員限定サイトである「ポイントUPモール」を経由することによって最大で20倍ものポイントが付くのは大きなメリットです。

 

楽天市場、ヤフーショッピング、Amazonなどのネットショッピングにも強いですし、実店舗のポイント還元も色々なお店が揃っているので、とても便利に使えるのが嬉しいですね。そしてプロパーカードとしての強みはやはりゴールドカードにランクアップしやすいという点もあり、ステータスとしても持っておくとビジネス面でも活躍できるのが三井住友VISAクラシックカードです。利用限度額が少な目となっている点はありますが、使い過ぎないという点にもなるので初めての方におすすめです。

わずかな投資で大儲けをしたいなら、ライトコインに賭けてみるのもいいでしょう

ライトコインはビットコインの後継者と言われる通貨のひとつです。
そこまで聞くと、ビットコインの次に来るのはライトコインかと思われる方もいるでしょうが、話はそう単純ではありません。

 

実は、このライトコインの他にもビットコインの後を継いでもおかしくない通貨がいくつかあります。
その代表であるイーサリアムと比べると、ライトコインの時価総額は10分の1程度しかありません。

 

ビットコインに比べると30分の1程度です。
この、ビットコインを除いた仮想通貨の中でも、トップグループに遅れをとっているのがライトコインの弱みと言えます。

 

ですが、この弱みは強みとも言えます。
ビットコインの市場はすでに飽和しつつありますし、ナンバー2の通貨であるイーサリアムも、今の数倍、数十倍時価が伸びるのは考えにくいです。
ですが、まだライトコインの市場は成長性があるので、この先、時価が10倍、20倍になる可能性があります。

 

なんらかの事情で、ビットコインやイーサリアムなど、先行している通貨群の相場が暴落した場合、ライトコインが仮想通貨界のトップランナーになる可能性があるのです。

 

ライトコインは、仮想通貨界のナンバー4という、大化けして時価総額が急騰する可能性も、失速して他の有象無象の仮想通貨と同じ位置になる可能性もある、投機性の高い通貨なので、少しの投資で大きく儲けたい人、元手をあまり用意する余裕がない人なら、一発逆転を夢見て投資してみるのもいいでしょう。

イーサリアムとビットコインの違いとその将来性

仮想通貨の代表的な通貨がビットコインということになります。ビットコインは仮想通貨全体の時価総額の80%近くを持っています。ビットコインは時価総額だけでなく知名度も高く、一般的にはビットコインの他の仮想通貨についてはほとんど知られていないのが実情です。

 

そして、ビットコインに次いで時価総額の大きい仮想通貨がイーサリアムです。2015年にリリースされたイーサリアムは急速に時価総額と知名度を増してきている仮想通貨です。イーサリアムは仮想通貨の通貨単位ではなく、仮想通貨のプラットフォームの名称で、ビットコインを発展させて開発されたこれからの仮想通貨の中心になるかもしれない技術を集めた仮想通貨です。すでに時価総額が2位にまで上り詰めているということが考慮すれば次世代の仮想通貨技術の中心となるのはイーサリアムと考えていいのかもしれません。

 

ビットコインとイーサリアムの違いを簡単にいえば、イーサリアムはビットコインよりもたくさんの場面で使用や利用することを可能にしたということになるでしょう。ビットコインはビットコインでしか取引などはできないものが、イーサリアムでは多種類の通貨との取引ができるようになったのです。

 

今はビットコインが仮想通貨で絶対的な地位を得ていますが、次世代の仮想通貨のビットコインの地位につくのはイーサリアムであるかもしれないということです。そこはこれからの仮想通貨の状況を見ていかなければなんとも言えませんが。

賃貸アパートはネットで検索して見学する

基本的に、賃貸アパートは不動産業者にお願いして見せてもらい、その後で契約することが一番いい方法です。契約する方法がしっかりしていれば、後から賃貸アパートの不満が出ることもありませんし、無理をしなくても賃貸契約が結べます。ただどの業者を利用すればいいのか、不安に思っている方は多いはずです。

 

なるべくいい環境を作り出すためにも、賃貸アパートはネットで業者の検索をしてください。業者ごとに扱っているアパートは変わりますし、家賃も調べられます。
ネットで検索した後で、この賃貸はいいと思った場合は、連絡を入れます。

 

賃貸アパートを管理している業者が対応して、見学してくれる時間を作ってくれます。後は画像で見ている部分が、間違っていないかをチェックしてください。意外と掲載されている写真と、入居することになるアパートには違いが出ています。かなり違っているようならもう1度考え直し、問題なく入居して大丈夫なら、その後契約を結ぶようにしてください。

 

賃貸アパートは、地域の不動産業者に連絡を入れて、対応してもらうこともできます。最近はアパマンショップなど、すぐに対応してくれる業者もありますので、入りやすいところを探してみるのもいいです。ただ賃貸についてわからない点が多い中、説明を聞いても理解できないことが多くなります。賃貸アパートを見る際には、先にネットでいいと思っているアパートを幾つか知って、それを伝えて交渉するといいです。

電力自由化により現在よりもどのくらい電気代は安くなるのか

2016年4月より電力の自由化が行われるようになりましたが、実際にどういったメリットがあるのか、そして、そもそも電力の自由化とはどのようなことなのかをしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか。

 

そもそも電力自由化とは、今まで契約をしていた電力会社との契約のみだけではなく、新たに参入する電力会社からも電気代の契約を行えるようになる制度です。

 

今まで一社のみでの契約しか行うことができませんでしたが、新たな会社が参入することでとくに料金面での競争が膨らみ、私達にとっては選ぶことができるという大きなメリットを受けることができるでしょう。

 

この新たに参入している電力会社は、地域により異なりますが、全ての地域でサービスを展開しており、関東圏においては新たな電力会社を含めた全プランが200以上あります。

 

この多くのプランの中から、自分の家庭にあった最適なプランを探すことにより、確実に今までよりもリーズナブルな契約を行うことが可能になるでしょう。

 

適切な電力会社のプランを選ぶことができれば、一般的には今までの電気代よりも5パーセント以上の値下げは期待できます。電気を使用する時間帯や、サービスの内容をしっかり加味すれば10パーセント以上も電気代が安くなったという例もあるほどです。

 

重要なことは、さまざまな角度から時間をかけて検証を行うことです。
携帯電話会社が電気会社を新たに立ち上げていることもありますので、今使用している携帯電話がその会社と一致するなどの利点があれば、こうした10パーセント以上の値下げも十分可能になるでしょう。

利用者にとってメリットが多い電力自由化

電力自由化とは、簡単に言えば、電気を買う会社を選べる制度のことです。

これまでは、一般家庭で電力会社を選ぶことはできませんでした。住む地域によって契約する電力会社が決まってしまっていたからです。

 

契約したい電力会社を基準に住む場所を選ぶ、というのは現実的ではありませんので、実質選べなかったのと同じです。選べなければ電力会社は独占企業と同じで、一方的な値上げも利用者は受け入れるしかありません。電気は生活に不可欠なエネルギーですから、高いから契約を解除する、とはいきません。

 

実際は、電気代を値上げするには相応の理由が必要であり、政府の許可も必要なのですが、電力会社が競争の激しい業種に比べると苦労なく利益を確保してきたことは否定できません。消費者が電力会社を自由に選べるようになれば、電力会社間の競争が激しくなり、値下げされる可能性が充分にあります。消費者にとってはメリットの大きい制度改革です。

 

新規参入の電力会社に対し、電力の安定供給などの不安がある人もいるかもしれませんが、電気そのものはこれまでの送電網を使いますので、不安定になることはありません。
電気代を安くしたいなら、単純に電気代が安い電力会社を選べば良いわけですが、そう単純にはいかないのが悩みどころです。

 

1つの電力会社がいくつものプランを提供しており、比較するのは簡単ではありません。他のサービスとセットで利用することで割引が受けられる電力プランもあり、ご家庭のインターネット回線、家族の携帯電話キャリアなどによって割引率が異なります。

 

電気の使用量、家族の人数、よく使用する時間帯、曜日など、さまざまな要素からお得な電気料金を比較することになりますので、非常に複雑です。まずはインターネット上で無料で提供されているシミュレーションソフトを使って、お得なプランを絞り込んでみてはいかがでしょうか。

太陽光発電のパネル保証期間を比較

これからエネルギーは、自分で生み出す時代に変化してくると思います。

そして日本においての自家用での発電システムは太陽光パネルがもっとも効率的に優れていると思われます。

新築においても既存の家でもパネル設置は可能ですがメーカーにより値段も保証もバラバラで何を基準に選べばいいのかわかりません。

一般の考えですとまずはパネルの価格での比較ですが太陽光パネルは長期に渡って使用出来る所が一番の魅力になります。

大事な設備投資としてパネルを導入したのにパネルの保証が切れてしまったらどうでしょう?

今日の日本で恐ろしいのは突然の自然災害があります。

地震にしろ台風にしろ突発的には竜巻やゲリラ豪雨など例を挙げればキリが無いほどに危険な災害と隣り合わせの状態であることを頭のすみにおいておくと一番良いプランが見つけやすくなります。

まずは、価格だけで選ぶとすれば「シャープ」と「京セラ」、それと「カナディアンソーラー」が有力になってくると思います。

そこに保証を合わせてみるとシャープ、京セラはパネル保証が10年でカナディアンソーラーは25年です。
自然災害は唯一「京セラ」だけが対応しています。

地域で選ぶとすれば西日本側では自然災害に保証がある京セラ
東日本では関東圏を抜かした地域でカナディアンソーラーを選ぶと良いと考えます。

しかし、一番の理想はパネル25年の自然災害も保証するメーカーが一番だと言えます。

そこで注目されているのが「ソラキューブ」です。
パネル保証が25年で自然災害も10年保証があります。
こういった面で考えるとソラキューブはお薦めなのですが新しい会社の為に実績が乏しいのです。

言い換えれば、本当に何かの時に対応してくれるかが問題になります。

ここだけはもう少し様子を見た方が良いのではないかと考えます。

発電効率はどのメーカーも同じような高い水準をもってますので価格と保証の充実にご自宅の地域を考えていくとおのずと最適なメーカーの選出が出来ると思われます。

現時点では京セラかカナディアンソーラーが最適なメーカーであろうと考えます。

太陽光パネル本体だけではなく、発電量(変換効率)も重要

太陽光パネルは本体価格だけでなく発電量(変換効率)も重要

 

taiyou近年はエコの意識も高まり、自宅へ太陽光パネルを設置する人も増えてきました。

太陽光パネルも昔に比べればかなり安く設置できるようになってはきましたが、まだまだ高価な物には変わりありません。

 

太陽光パネルを設置するに当たり、最も重要なのはパネル価格だけではなく、変換効率と発電量が非常に重要になってきます。

 

パネルの価格が安いことに越したことはありませんが、安くても変換効率が悪ければ結果的に安かろう悪かろうのパネルと言えるでしょう。

 

そのためパネル単体の価格だけではなく、

 

・発電量がどのくらいになるのか?

・何年発電をし続けるのか?

 

これらを計算に入れてパネルを選ばないと、パネルの価格は高かったメーカーのほうがトータルでは安く済むといったことも考えられます。

 

現在太陽光パネルを販売しているメーカーでバランスが取れているのは「京セラ」ではないでしょうか。

京セラのパネルは価格が安いわりに発電量が多く、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

最大発電量は210W、変換効率は15.5%位ですが、パネルの価格が安いため導入しやすいメーカーです。

 

逆に高いのは「パナソニック」で、京セラと比べるとおよそ60万円くらい高くなります。

ですが最大発電量が250W、変換効率が19.5%と非常に高いため、長い目で見るとパナソニックのパネルは導入費用の回収が早く済む可能性があります。

 

このようにパネルの価格だけではそのメーカーが良いかどうか分かりません。

 

設置する屋根の形状や立地によっても費用は変わってきますので、自分の家に最も向いているメーカーをしっかりと選んだほうが良いでしょう。

 

関連: 電力自由化の仕組みを詳しく教えて!