大手で安いのは京セラ太陽光発電システム

太陽光パネルを選ぶ際は大手の方がいいと思いますが、その中で安いものを選びたいということであれば京セラのパネル「京セラ太陽光発電システム」を利用するのはどうでしょうか。

 

京セラは他のメーカーに比べて1万円位安い値段でパネルを販売しているので、結構安い金額で導入することが可能です。

またパネルの発電量や変換効率もそれなりに高い設定となっており、安いからと言って性能が悪いということでもありません。

そのため京セラのパネルは安く導入したいと思っている方には一番向いていると思います。

 

パネルの種類にも寄りますが、他のメーカーは安くても13万円程度を覚悟しなければなりません。

しかし京セラなら10万円台のパネルが用意されており、明らかに安いことが言えるでしょう。

 

工事費は業者によって異なるので最終的な値段というのはわかりませんが、パネル本体の価格で考えると京セラが一番安いのです。

これに加えて保証が10年間利用出来るという利点があり、安心感も持っています。

 

小さなメーカーならこれよりも安いパネルを販売している可能性はあると思いますが、安心出来るような物ではないので京セラが一番無難だと考えます。

太陽光パネルというのは色々な物を加味して考えることが大切ですが、値段という部分なら京セラに勝るものはないと思っています。

スタンダードなパネルでよければ一番安い価格で導入できます。

災害等にも対応しての保証があるのはとても助かりますし、何よりも導入後の問題が少ない利点を持っています。

太陽光パネルを設置するなら変換効率の高い東芝太陽光発電システムがおすすめ

太陽光パネルは様々なメーカーのものがありますから、それらを比較検討した上で最も良いものを選ぶのが大切です。

 

おすすめなのは東芝の太陽光パネル「東芝太陽光発電システム」です。

 

そもそも、太陽光パネル選びで大切なのはやはり初期費用の安さ、そして、コストパフォーマンスの良さです。

いくら太陽光パネル自体が安くても発電量が少なくては設置したかいがありません。

 

逆に、発電量が多くても、太陽光パネルがあまりに高額では気軽に設置できません。

初期費用の安さとコストパフォーマンスの良さ、それらを両立することが大切なのですが、その両方を満たすのが東芝の太陽光パネルなのです。

 

東芝の250wモジュールでは変換効率20%超えを実現しています。

これは量産されている太陽光パネルとしては世界トップレベルの変換効率です。

 

この250wモジュールならば24枚を設置するだけで、年間およそ6000kwh程度の発電が可能になります。

少量の太陽光パネルの設置でこれだけの発電が毎年できるわけですから、コストパフォーマンスは非常に高いです。

 

気になる太陽光パネルの値段ですが、1枚あたり9万円程度です。

1kwあたりに換算すれば、35万円程度となります。

 

24枚すべてを設置するなら、200万円程度かかります。やや高額な投資にはなりますが、東芝の太陽光パネルは非常に設置しやすく、見た目もコンパクトかつ洗練されたデザインとなっており、一度設置すれば長年にわたって使えますからおすすめです。

コスパに優れるサンテックパワージャパンの太陽光パネル

太陽光パネルの設置において最も考えなければいけない点とは、やはりコストにあると言えます。

初期投資のコストが低ければ低いほど将来的には発電によって儲かる可能性が高くなるわけですから、やはりコストの削減は1番に考えなければなりません。

では、果たしてどこのメーカーを選べば良いのでしょうか?

 

コスパを考えたとき1番に浮上してくるのは、「サンテックパワージャパン」の太陽光パネルです。

サンテックパワージャパンは、太陽光パネルの製造に特化した企業ですので、太陽光発電以外では聞いたことのないメーカーですが、それゆえに太陽光発電においては他の企業を一歩リードしています。

たくさんの太陽光パネルを安全に設置し、長く使えるように開発がなされていますから、これまでに多くの太陽光パネルが住宅用に利用されています。

また、なるべく効果的に発電ができるようパネルが工夫されているのも強みです。

肝心のモジュールも1基10万円から15万円程度と非常にお手ごろ価格になっていますし、発電量がアップすることを考えれば、決して高い買い物ではないはずです。

 

また、万が一何かトラブルがあったとしても、保証サービスがとても充実していますから安心です。

やはり、太陽光パネルに特化したメーカーはそれだけ専門的にモジュールも開発されていますのでオススメです。

ですので、興味のある方はぜひともフリーダイヤルで1度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

格安で太陽光パネルを設置するならカナディアン・ソーラー

地球温暖化や資源の枯渇などの問題が世界的に叫ばれる中で新たな自然エネルギーである太陽光発電が注目を浴びています。

日本では、自治体からの補助金の支給や電力会社による発電電力の買い取りなどの制度を整備していることから、一般的な家庭であっても太陽光パネルを設置する敷居はそれほど高いものではありません。

とは言え、太陽光パネルを設置する場合には、相応の費用が必要となるため、できれば安くパネルを設置したいと考えるのは当然ですよね。

 

そんな格安で太陽光パネルを設置したいと考えている方にオススメの太陽光パネルメーカーは、「カナディアン・ソーラー」です。

 

カナディアン・ソーラーは、中国に本社を置く老舗太陽光パネルメーカーで太陽光発電が進んでいるカナダやアメリカなど世界的に高い普及率を誇ります。

気になる太陽光パネルの価格は、商品ごとに多少の差がありますが、最も安価なものは28.2万円/kWと30万円/kwを超える太陽光パネルが多い中でかなりリーズナブルに抑えられています。

 

また、安価なだけでなく太陽光の変換効率は他のメーカーの太陽光パネルに勝るとも劣らない能力を持つため、設置後も経済的と言えます。

注意したい点としては、国産メーカーの太陽光パネルに比べると扱っている販売店が少ないといったことが挙げられます。

その他、カナディアン・ソーラーと同等の価格帯の太陽光パネルメーカーとしては、三菱やソーラーフロンティアなどがあります。

他社比較料金ナンバーワン宣言をしているスター電器

太陽光パネルを自宅の屋根に設置するケースが増えてきました。

自治体によっては助成金が支給されますので、少ない資金でも取り付けることが可能だからです。

 

さらに再生可能エネルギーの固定価格買取制度によって、自宅で使用しきれない分の電力を売却できるため数年から十数年かけて投資した資金を取り戻します。

 

しかし、できるだけ安くてコストパフォーマンスの良い太陽光パネルの方がおトクであるのは間違いないので、一番安い設置会社を探します。

 

一括見積もりサイトなどを利用する方法もありますが、本当に安い会社は広告費や営業費をカットしていますのでなかなか検索でヒットしません。

その中で、スター電器という会社は他社比較料金ナンバーワン宣言をウェブサイト上で行っているため、他社から見積もりをとって「スター電器」へ相談をすれば最安値を実現できる可能性があります。

 

複数の取り扱いメーカーから1kwhあたりの相場価格が安価なソーラーフロンティアなどの太陽光パネルを提案してもらえますので最安値で設置できます。

 

太陽光パネルに限らず価格が安い商品は品質や保証面で心配されることがありますが、スター電器ではメーカーによるシステム保証と火災や落雷が原因で故障した場合の災害保証が10年そして施工保証が15年となっていますので、投資額を取り戻すまで安心して太陽光パネルを使用し続けることができます。

 

1年目と5年目そして9年目には無料点検があるため、自ら屋根に登って太陽光パネルの状態をチェックしなくてもスター電器のスタッフに任せられます。

 

スター電器なら格安で太陽光パネルの設置ができます

 

太陽光パネルは、現在非常に注目されているものです。

太陽光パネルを設置することによって、電気を作り出すことが出来るようになりますので、電気代を節約することが出来るようになります。

さらには、電気の買取制度もありますので、利益を出すことも可能となります。

そんなに便利な太陽光パネルですが、設置には多少なりとも費用が掛かってしまいます。

費用が掛かりますので、少しでも安く設置することが重要です。

 

スター電器」なら、非常に安く太陽光パネルを設置することが出来ます。

なぜかと言いますと、営業せずに設置をしているからです。

 

通常の太陽光パネルを設置している会社ですと、仕入れの代金と保証の費用と施工費用にプラスして、営業に掛かってしまう費用が発生します。

スター電器はそれがありませんので、非常に安く太陽光パネルを設置することが出来ます。

 

安いのでアフターメンテナンスが大丈夫なのかという心配をあるかもしれませんが、システム保証や災害保証等しっかりしていますので、安心して設置することが出来ます。

 

太陽光パネルは設置するときに補助金が出る自治体も多いので、その点も相談すればしっかりと答えてもらうことが出来ます。

 

太陽光パネルの設置に掛かる費用に関しても、ホームページで分かりやすく掲載されていますので、費用に関しても把握してから設置することが出来ます。

 

他社との安さを比べるためにも、一度見積もりを出してもらって見比べてみると良いでしょう。

激安太陽光パネルは中国メーカーのサンテックがオススメ

太陽光発電が最近ブームです。

自宅の屋根に設置した太陽光パネルで発電してその電気を電力会社に売電するというシステムです。

夏など日照時間が高い季節は自宅の電気代がこの売電でまかなえます。こんな理由もあって今大変ブームになっているんです。

 

太陽光パネルのメーカーで有名なのは「京セラ」や「シャープ」です。

京セラやシャープは太陽光パネルのリーディングメーカーで、以前は発電効率が大変良いと言われていました。

一方で京セラやシャープの太陽光パネルは値段が高いのが欠点でした。

 

しかし太陽光発電が世界的なブームになり多くのメーカーがこのビジネスに参入してきました。

 

例えば昭和シェルの子会社である「ソーラーフロンティア」などは有名です。

こうした後発メーカーの参入でパネルの値段は下がりました。

 

そして最近急速にシェアを伸ばしているのが中国のメーカーです。

一番有名なのは「サンテック」というメーカーで京セラなどよりもシェアは大きいのが特徴です。

 

こうした中国メーカーの発電効率はあまり良くないと言われていましたが、最近の技術革新はすばらしく日本のメーカーとほとんど変わらない発電効率を持っていますし、耐久性も日本メーカーとほぼ同じです。

 

もちろん値段も安いのであえて日本メーカーの太陽光パネルを導入する必要はありません。

つまり最近の太陽光パネルの発電効率はどこのメーカーもほぼ同じですので、設置するなら値段が安い「サンテック」がオススメとなるわけです。

我が家ではソーラーフロンティアの太陽光パネルを導入しています

我が家ではソーラーフロンティアの太陽光パネルに決めた理由

ssoso

太陽光発電をしてみようと思って太陽光パネルのことを調べてみると、「意外と色々なメーカーがあるんだなぁ」ということがわかります。

しかし専門家では全く無い素人にパネルの材料がどうの、発電効率がどうのといわれても理解できるわけではありません。

少なくとも私には、太陽光発電について調べれば調べるほどドツボにはまっていくような気がしました。

でもそんな中でも、「これはなかなかいいんじゃないか」と思える太陽光パネルがありました。

 

それが今我が家で利用している、「ソーラーフロンティア」の太陽光パネルです。

ソーラーフロンティアはパネルの中でもかなり人気のメーカーだと思います。

 

私も初めこのパネルに注目したときは、「みんながいいと言っているからいいんじゃないか」というぐらいの軽い気持ちでした。

でも影に強いということだったり、高温にも耐えられるということだったり、ソーラーフロンティアの独自の技術には、太陽光パネルとしてよいものが備わっているのだと、請求した資料を読んでいるうちにわかってきたのです。

 

それからパネル単体の値段も若干安めで、「これは良いものに違いない」と考えるようになりました。

ソーラーフロンティアのパネルは、発電量から考えると他メーカーよりも少し大きめのものが必要で、屋根の面積をやや摂ってしまいます。

それが少しだけ心配だったのですが、見積もりをしてもらって実際に屋根を調べてもらって、それで大丈夫だろうということで安心して契約を進めました。

 

ソーラーフロンティアでは十年間のシステム保証、二十年間の出力保証と万が一のサポートもバッチリですし、安くて質の良い太陽光パネルと扱っているとはっきりといえるメーカーだと思います。

大きな買い物になるので他も含めて色々検討することが大切ですが、少なくとも私にとっては、人に安心して薦められる太陽光パネルですね。

 

ソーラーフロンティアはコストパフォーマンスに優れた太陽光パネル

 

太陽光発電は太陽が出ている間に家庭で必要になる電力をまかなって、足りない電力は電力会社から買電、余った電力は電力会社へ売電することが出来るので、電気料金の節約が期待できます。

一般的な家庭の電力をまかなうには3.5kW〜4kWほどの発電量の太陽光発電が必要と言われています。

太陽光発電は設置するのに大きな費用が掛かりますが、最近では技術の進歩や企業努力で太陽光発電の性能がよくなっており、10年ほどで回収できると言われています。

早く回収できればそれだけ家計が楽になるので、コストパフォーマンスに優れたものを選びたいところです。

いろいろなメーカーから太陽光パネルが販売されていますが、中でもコストパフォーマンスに優れたものを販売しているのが「ソーラーフロンティア」です。

 

ソーラーフロンティアではCIS太陽電池を採用しています。

一般的な太陽電池は結晶シリコン系ですが高温になると出力が落ちてしまいます。

しかしCIS太陽電池なら太陽光を浴びて高温になっても出力が落ちにくいです。

さらに太陽モジュールの一部に影を落とす程度の場合、結晶シリコン系より発電能力低下が少ないです。

太陽光が当たっているときは初期値よりも出力が上がる傾向があります。

出力を20年間の長期保証、周辺機器も10年間保証で長期で安心です。

 

ソーラーフロンティアの5.1kWという十分家庭で必要になる電力をまかなえる製品で、回収できるまで6年強から7年弱くらいと地域によって差があるものの他のメーカーの製品よりも短いです。