激安太陽光パネルは中国メーカーのサンテックがオススメ

太陽光発電が最近ブームです。

自宅の屋根に設置した太陽光パネルで発電してその電気を電力会社に売電するというシステムです。

夏など日照時間が高い季節は自宅の電気代がこの売電でまかなえます。こんな理由もあって今大変ブームになっているんです。

 

太陽光パネルのメーカーで有名なのは「京セラ」や「シャープ」です。

京セラやシャープは太陽光パネルのリーディングメーカーで、以前は発電効率が大変良いと言われていました。

一方で京セラやシャープの太陽光パネルは値段が高いのが欠点でした。

 

しかし太陽光発電が世界的なブームになり多くのメーカーがこのビジネスに参入してきました。

 

例えば昭和シェルの子会社である「ソーラーフロンティア」などは有名です。

こうした後発メーカーの参入でパネルの値段は下がりました。

 

そして最近急速にシェアを伸ばしているのが中国のメーカーです。

一番有名なのは「サンテック」というメーカーで京セラなどよりもシェアは大きいのが特徴です。

 

こうした中国メーカーの発電効率はあまり良くないと言われていましたが、最近の技術革新はすばらしく日本のメーカーとほとんど変わらない発電効率を持っていますし、耐久性も日本メーカーとほぼ同じです。

 

もちろん値段も安いのであえて日本メーカーの太陽光パネルを導入する必要はありません。

つまり最近の太陽光パネルの発電効率はどこのメーカーもほぼ同じですので、設置するなら値段が安い「サンテック」がオススメとなるわけです。