太陽光パネルを設置するなら変換効率の高い東芝太陽光発電システムがおすすめ

太陽光パネルは様々なメーカーのものがありますから、それらを比較検討した上で最も良いものを選ぶのが大切です。

 

おすすめなのは東芝の太陽光パネル「東芝太陽光発電システム」です。

 

そもそも、太陽光パネル選びで大切なのはやはり初期費用の安さ、そして、コストパフォーマンスの良さです。

いくら太陽光パネル自体が安くても発電量が少なくては設置したかいがありません。

 

逆に、発電量が多くても、太陽光パネルがあまりに高額では気軽に設置できません。

初期費用の安さとコストパフォーマンスの良さ、それらを両立することが大切なのですが、その両方を満たすのが東芝の太陽光パネルなのです。

 

東芝の250wモジュールでは変換効率20%超えを実現しています。

これは量産されている太陽光パネルとしては世界トップレベルの変換効率です。

 

この250wモジュールならば24枚を設置するだけで、年間およそ6000kwh程度の発電が可能になります。

少量の太陽光パネルの設置でこれだけの発電が毎年できるわけですから、コストパフォーマンスは非常に高いです。

 

気になる太陽光パネルの値段ですが、1枚あたり9万円程度です。

1kwあたりに換算すれば、35万円程度となります。

 

24枚すべてを設置するなら、200万円程度かかります。やや高額な投資にはなりますが、東芝の太陽光パネルは非常に設置しやすく、見た目もコンパクトかつ洗練されたデザインとなっており、一度設置すれば長年にわたって使えますからおすすめです。